結婚指輪

結婚指輪が必要な理由について

腕を組む

これから富山で結婚を控えている人の中には結婚指輪があるのにどうしてその前に婚約指輪を渡す必要があるのかと思っている富山の男性も多いと思います。確かに指輪を渡す側からすればどうして2つも指輪を渡す必要があるのかと思ってしまう気持ちは理解できます。ですが、それははっきり言って婚約指輪と結婚指輪の意味を分かっていないと言わざるをえないです。
では、婚約指輪はどういう意があるのかというと、婚約指輪を渡して相手に受け取ってもらったら正式に婚約が成立した事になります。ですから、婚約指輪を私からと言ってそれで結婚をした事にはならないです。そして、結婚をした証として相手に渡すのが結婚指輪です。そして結婚指輪は相手に渡すだけでなく自分も身に着けます。
ですから、婚約指輪と結婚指輪というのは根本的に性質が全く違うものです。その点を正しく理解していないと富山の男性からすると何で2つも指輪を渡すのかと思ってしまうかもしれないです。でも、実際は上記のように婚約指輪と結婚指輪とでは全然その性質が違うのでちゃんと婚約指輪と結婚指輪の2つを用意する必要があります。それで相手の女性も喜んでもらえますのできちんと婚約指輪と結婚指輪を渡すようにしましょう。

recommended post