結婚指輪

結婚指輪の由来と意味

ブーケ

結婚すると、富山のほとんどの人が結婚指輪をはめるようになります。しかし、結婚指輪の意味を知っている富山の人は一体どのくらいいるのでしょうか。そんな結婚指輪の由来と意味について調べてみる事にしました。結婚指輪の始まりは古代ローマ時代に、ローマ皇帝が約束事を誓約する証として使った鉄の輪が由来とされていて、富山では50年以上前から定着している習慣です。さらに、結婚指輪は「輪」になっていることから永遠に途切れることのない愛情を表すとも言われており、永遠の愛を約束するという意味で結婚式で指輪の交換をするようにもなりました。
そして、指輪をはめる指にも意味があるようです。結婚指輪は左手の薬指にはめるものとして、意味もよく知らずにはめている人が多いのではないでしょうか。結婚指輪を左手の薬指にはめる理由としては古代ギリシャ神話が由来とされております。神話では、人間の感情は心臓によりコントロールされているとされており、左手の薬指は心臓に繋がる血管があるという言い伝えから、気持ちを繋ぎ止める意味から左手の薬指に指輪をはめるようになりました。
このように、由来や意味を少しでも知っていれば結婚指輪にかける思いも変わってくるのではないでしょうか。

recommended post