結婚指輪

母から受け継いだ結婚指輪

新郎新婦

私は富山で20代の頃から持病に悩まされています。そのため、いつか結婚をしたいと思ってきましたが、その機会を逃して持病が治る事なく40代になってしまった感じです。今後も結婚には縁がないかもしれない私のことを気にしてくれている母が数年前の私のお誕生日に、母が父からもらった結婚指輪をプレゼントしてくれました。
本来なら私が富山で婚約者からもらう事が夢でしたが、こういった形で母からもらう事は申し訳ない気持ちでいっぱいですが、これはこれで素敵なプレゼントだと思い大切にしています。その結婚指輪は昔のデザインなのでサイズを直しに行った時にお店の人からは今では作られていないデザインで貴重な物だと分かりました。小さいダイヤが6個横に並んでいてシンプルながら存在感があり、お店の人が言う通り今では見られないデザインだと思います。一粒ダイヤと違い他の指輪と重ね付けも可能な感じです。
とても素敵な母の結婚指輪はもったいなくて、普段あまり付ける事が少ないですが、色んな思いが込められている指輪は母の愛がたくさん込められているので、これから、この結婚指輪の綺麗さに負けないように富山で私自身の内面も磨いていけたら良いなと思っています。今後はもっとこの指輪を見に付けていき一生大切にしていきたいです。

recommended post