結婚指輪

結婚指輪と婚約指輪の違いについて

キス

結婚指輪と婚約指輪にはいろいろと違いがあります。富山で結婚を考えたとき用意すべき指輪は2つあると思った方がいいでしょう。それぞれに見てみましょう。
まず婚約指輪は、結婚の約束をした2人の間で婚約、いわゆる結婚することを約束した証として男性から女性に贈られる指輪です。一般的には、その意義としてある程度高価な石など(ダイヤモンドなどが有名)を使い、特別感のあるものを送ります。使用時としては特別感のあるものなので、普段使いのものではなく、パーティーなど華やかな場に使用することが多いです。
一方、結婚指輪は結婚する富山の2人の間で、誓いの証として交わされるもので、ペアリングになります。ですので晴れて富山で夫婦となった後も、使用時としては日常的にはめて生活をすることが一般的です。付ける場所としては左手の薬指が前提となります。また婚約指輪に対して結婚指輪は、飾りなどは控えめでシンプルなものが一般的です。ですのでそれぞれの相場としては、結婚指輪は婚約指輪よりも値段は抑えめになることが多いです。
だいたい結婚指輪は10~15万円、婚約指輪は25~40万円くらいが相場になります。これから結婚を考えている方は、それぞれの指輪の意味を理解し、準備する必要があります。

recommended post