結婚指輪

結婚指輪の価値観

ウェディングケーキ

恥ずかしながら結婚指輪とは単に富山の女性がアクセサリー好きなので、記念にプレゼントしているものだと思っていました。ネットで理由を調べてなるほどと思いました。考えてみれば値段も普通に相手にあげるには高いと感じていました。それに富山の男性側も同じ物を付けるので、納得しました。二人で一緒に生きていく覚悟として、同じ結婚指輪をはめて愛を誓い合うのは感動しました。
カップルでペアルックと同じように、身につけることで辛いことがあった時にも乗り越えていける力になりそうだと感じました。結婚指輪にはお守りのような効果もあると思いますし、お守りは肌身離さず持っていないといけませんが、マリッジリングは見たその瞬間から元気になれるので、利便性にも優れています。以前はその意味も分かっておらず、理解しようともせずに生きてきました。それが富山で大人になって理解出来るようになった時に、価値観も変わりました。
職場や仕事をしている時にペアリングをしているのは、あくまで個人的な見解ですが、外しておくのが良いと思います。それは家庭だけの秘密を仕事場に持ち込んで来ている印象を受けるからです。したがって自宅を出てから勤務地に着くまでの間と、退社してからまたはめ直すといった配慮が素敵だと思います。

結婚指輪を外す時期

富山で新婚の頃は結婚指輪を二人ともずっとしていました。特に私のものはダイヤを入れてもらったのでとても気に入っていました。5年くらい経ってから夫の方が結婚指輪をしなくなりました。指に金属をつけているというのが苦痛になってきたことと,少し太ったのできつくなったということです。
私は特に気にせずに自分だけはアクセサリーとして結婚指輪を付けていました。富山で10年以上経ってから左手の薬指だけがなぜか痒くなる,また指が荒れてくる症状が出始めました。元々金属アレルギーだったので,あまり金属類はしないほうでした。でも富山で結婚指輪についてはずっと身に着けていて今までに違和感を感じたことがなかったので,指の肌の荒れの原因が結婚指輪だと気付くまでにかなり時間がかかりました。薬を塗ったり,最後はテーピングやガーゼをしたりしました。
次第に症状が酷くなってきたので,初めてなぜこの指だけが荒れているのかと考えてやっと結婚指輪が原因だったのではないかと気付きました。気に入っていたものだったし自分の身体の一部になっていたので,外すのはとても寂しかったです。夫に訳を話したら「もっと早くに外せばよかったのに。」と言われました。結局夫婦で結婚指輪とは縁がなくなりましたが,大切に保管しています。

結婚指輪をネットで購入

富山で結婚指輪をインターネットで購入したと言うと、大抵は驚かれます。富山の一般的にはカップル2人で宝石専門店に行って、じっくり実物を選ぶというのが常識として成り立っているからでしょう。私も最初結婚する前に夫からネット購入の話を持ちかけられたときは正直ありえない!と思いました。
いくらパソコンが趣味とは言え、何でもかんでもネットで済まそうとする夫に批判的なことも口にしました。しかしながら元々結婚式も写真もない「ないない結婚」だったため、結婚指輪だけに執着する意味もそれほどなく、結局はネット購入に同意。かくして結婚指輪は普通の宅配便と同様に、富山の自宅に届けられました。白い綺麗な箱には、サイズ違いのシルバーの結婚指輪が2つ、納められていました。事前にサイズを測る機具も安く購入していたため、サイズはピッタリです。
購入したお店では指輪に名前や日付などメッセージを入れられるようになっており、内側には結婚予定日と2人のイニシャルが彫られていました。それを見たときに、「ああ、ようやく結婚するんだ」と実感が湧き、感慨深くなりました。今となってみれば、ネット購入にして良かったと思います。2人とも行き慣れない高級宝石店でガチガチ緊張しながら選ぶよりも、ネットでじっくりリラックスモードで選んだ方が確かに効率的だと思ったからです。どんな形であれ、2人で選んで決めたことであれば、問題ないと実感した出来事でした。

recommended post